流行りもんに乗っかってしまいました。艦これです。やっちまいました。

「いやー艦これとかよく分かんないっすー」
とか流行りもんには乗りません的な中二臭いガラスのプライドがあったんですけど、やっぱりガラスでござんした。
厚さ0.1mm以下の触れたら壊れる繊細なハートオブグラスですの。おっさんはお触り厳禁です。誰もこんな汚いおっさん触りたくないでしょうけど。

やってみて分かりましたが、このゲーム普通に凄く面白いですねw
あと非常に楽。パズドラみたいに戦闘中パズルとかしなくていいですし。
おっさんはもう難しいゲームとか出来んのですよ。PS3でもう限界やったんですよ。ガンダムでも飛ばすんかっつーくらいコントローラにボタンついてまして友達の家でメタルギア4やったら操作複雑過ぎて何も出来なくて悔しさでハンカチ噛みちぎることしか出来ませんでした。そんなボタンついてたっけ?とにかくそれに比べたら非常に楽ですよ。マウス一個で出来るとか素晴らしい。おっさんにも優しい仕様やわこれは。

そもそも艦これにハマったのは、pixivを何気に見てたら、超絶的に素晴らしいイラストがあったからなんです。
艦これの登場人物(人物?)の古鷹さんのイラストでございました。
「彼女は死を恐れない」というタイトルのイラストです。初めて見たときは艦これに関して全く興味なかったときなんですが、このイラストでおっさんの心が釘づけにされました。イラスト一枚でここまで人の心を動かすって凄いと思います。是非検索してみてください。バックストーリーも知ったら泣けます。

それから何気に古鷹さんだけは大好きで、実際に使ってみたいという欲望を抑えきれずやっちまったというわけですよ。何でさっきから言い訳くさいんでしょうね。俺誰に何を言い訳してんのかしら。


とりあえず、始める前から古鷹さんへのラブが止まらない状態でしたので、古鷹さんに縁の深いキャラだけでドリームチーム作ろうふへへとドキムネで始めました。
そんな中、ドリームチームの最初のメンツとしてドロップしたのは青葉でした。
青葉と言ったら、古鷹さんに最も縁のある艦と言っても過言ではありません(「加古だろ!」って言われそうですが…)。ソロモン海戦、サボ島沖海戦で共に戦った仲間であり、そして、古鷹さんはそのサボ島沖海戦で、青葉を敵の集中砲火から庇い轟沈してしまったのだそうです。
(しかも圧倒的な不利の中、敵艦と真正面からの殴り合いのような撃ち合いをし、相手を轟沈寸前まで追い込んだということもあり、何と言うかもう古鷹さんかっこ良過ぎます。)

その青葉をポロッと入手したときは、最初目を疑いましたよ。「…青葉…!?今この娘『青葉ですー』とか言わんかった…!?青葉ってあの青葉か…!?ほほおおお!マジや!あの青葉や!」と××歳近くのおっさんが一人で部屋で転がりながら大興奮してました。別にレア艦とかじゃないんで割と簡単にゲットできるんですけど。
というか、史実をテキスト読みしてたので、青葉の容姿は全然知らなかったんですよね。だから認識するのに時間がかかりました。で、初めてその容姿を見たんですけど

青葉めったくそ可愛い

という奇跡が発生しました。即行秘書艦にしました。

その後、ドリームチームの核である古鷹さんをゲットし、さらに加古(かこ)、衣笠(がっさん)、吹雪(ふぶきん)、初雪(はっつん)あたりも入手できまして、ドリームチーム完成しました。
今のところそんなに弱さは感じてないんですが、ネットのお友達から
「そのメンツ超弱いよ。」
と毎日のように言われ続け心が抉られています。うるさいわいこんなん好きな艦だけで編成組んだらいいじゃない!2-4攻略時は流石に心折れてふぶきんとはっつん外して榛名と赤城入れたけどいいじゃない!つうかまだ2-4攻略できてないし!


というわけで、最近寝ても覚めても古鷹青葉です。過去に自分のせいで沈めてしまった古鷹さんに対して負い目を感じている青葉とか、それに気付いてなくて普段通りに接する古鷹さんを避けてしまう青葉とか、避けられてしまうのをなぜか分からずに落ち込む古鷹さんとかで毎日爆萌えしてますというか今の話全部むろ様という絵師様がpixivにアップされてる漫画の話なんですけどむろ様天才やわむろ様の同人誌超欲しい次の艦これオンリーイベント行っちゃおうかしらでも古鷹青葉ってそんな人気あるのかしら遠征費用結構かかるのに本少なかったらでも欲しいなあ関西圏ででかいイベントしてくんねえかなあ舞鶴遠いしあー古鷹青葉で萌え死にてえ艦これアンソロで古鷹さんと青葉を見かけたら教えてください買います。


落ち込んだりもしたけれど、おっさんは元気です。これからも気持ち悪い生き様を見せられればと思います。




P.S. 動画はすいません、来週にはアップできると思います。


以上!

スポンサーサイト

松阪さん

外出

2014-01-07

先週の日曜、タイトルのとこの牛食ってきました。凄いでしょ?凄すぎますよこれは。実はRayさんは金持ちだったのです。今月ピンチです。

メンバーは以下のいつもの方たちです。
1.むぅにえるさん(むーにー)
2.こしあんさん(こっしー)
3.osoさん(osoさん)

実はこの日、朝は相当ピンチでした。二日前に酒をたらふく飲み、前日は二日酔いで死んでました。夜になって、よし体調回復したってなもんでまた酒を飲んだら、当日の朝は下痢が止まらないという思ってもいないハプニングが。こんなことってあるんですね。もう何かしらのイベントの前日は酒飲まん。

朝九時近くの電車で悠々と、一路三重県へ。電車に乗る前にこっしーと合流する予定でしたが、「ごめん俺電車の発車時刻に間に合わんー!」とこっしーからメールが入りました。あらあら困りましたわ。
でも、こんなこともあろうかと、私が前日に間違えた発車時刻をこっしーに伝えていたため、実は余裕で間に合うことが発覚し、無事こっしーも発車時刻に間に合いました。全部俺のおかげだ。良かったね、こしあんさん。ほんとすいません。

むーにーさん、osoさんとも合流し、牛食う前に伊勢神宮を見にいくことになりました。移動はお馴染みのosoさんカーです。ボクも車欲しいッす。誰か買って。いや買われても維持が…。どうせなら維持できるくらいのお金ください。なんか一昔前のどっかの軍曹さんみたいになってきたので止めます。

近くの駐車場に車を停め、それからバスに乗って伊勢神宮に向かいました。それにしても伊勢神宮は初めてでした!でかい神社やってことは知ってました!
一番奥の賽銭箱に500円入れてきたりました。大奮発っす。「世界中の皆が幸せになれますように。特に俺。」と願っておきました。最後の部分は切実に。
帰り道に、無料でお神酒が飲めるコーナーみたいなところがありました。無料ですけど、お神酒の受取所のところに賽銭置きみたいな台があったので、50円置いてきました。そして巫女さんからお神酒を受け取りました。おいしゅうございました。
「一番奥の賽銭箱に500円突っ込むより、巫女さんの前で500円出した方がかっこよかったよね。」
「そりゃ巫女さんも惚れますわ。500円は惚れますわ。」
「惜しいことした。」
って会話をむーにーさんとしながら伊勢神宮を後にし、500円入れたけど絶対バチあたるなと思いました。マジで冗談ですからね伊勢神宮様。幸せにしてください。

その後伊勢神宮の周りに出店みたいなのがいっぱい(ホントに凄いいっぱい)あったので、食べ歩きながらosoさんカーまで戻ることにしました。osoさんとこっしーお勧めの酒も買っちゃいました。
この頃から体調が全快しまして、伊勢うどん、牛串、牛肉まん等々とにかく食いまくりました。これから最高級の牛食うっつってんのにやっちまいました。このあと死ぬほど後悔しました。


そして遂にメイン。やはり花より団子っすよってことで、最高級の牛が食える店にいよいよ入店です。
この店、外観も内側もやばかったっす。ドラマとかで、悪いやつが金のやりとりしてるみたいな店でした。伝わんないっすよね。すいません。
普通に旅館の和室4人部屋みたいなところに通されまして、そこから見える庭には凄まじく豪華でそれでいて清閑な和の景観が広がっとりました。
「庭スゲー!でももう結構暗くなってきちゃったねえ。ライトアップしたら凄かったねえ。」とか言ってたらホントに庭がライトアップされました。そのライトで私なんかが場違いであることも明らかにされてるようでした。

「ふほほーい!」と身体は大人、頭脳はクソガキの4人ではしゃぎ倒しました。しかしその後、肉を焼いてくれる仲居さんが部屋に入ってきた途端全員あっという間に黙りました。高級料亭の仲居さん相手とか、何しゃべったらいいか分かりませんよ。肉と野菜の焼き方を説明いただきましたが、緊張して全然頭に入ってませんでした。

肉はねえ、そりゃ美味かったっすよ。美味くねえはずないもの。分厚いの。やらかいの。肉汁があふれてるの。ちょっと焼いただけですぐ焼き上がっちゃうの。ちょっと食っただけで腹いっぱいになっちゃったの。昼に色んなもん食い過ぎたの。泣きそうになりました。

とりあえず肉は残すまいと思いましたが、付け合わせの人参とか全然食う気がしませんでした。しかし、高級料理店の野菜とか普通の野菜と違うに違いないと思い、死ぬ思いで全部食べました。吐きそうでした。ちらっと横見たら、隣でむーにーさんも明らかに限界よろしくでした。
人参とか茄子とかシイタケさんとかの野菜は、4人前だと綺麗に4つずつ出てくるんですこの店。最後に人参が一個余ってて、どう見てもむーにーさんが明らかに食ってないのに「イヤボクハタベマシタ」と記憶障害を起こしていたのに笑いました。むーにーさん食い過ぎて駄目になってしもうた…。

そして、最後にosoさんに駅まで送ってもらい、osoさんは車で、それ以外の三人は電車での帰宅となりました。
osoさんありがとうございました。俺も車欲しいです。

そしてosoさんカーから降りた時点で、電車が出るまで4分しかないという事態になってまして、超ダッシュで何とか間に合い、無事に早めの時間に帰宅することができました。


朝方は「神社とかで俺吐くんじゃねえか?」と体調が危ぶまれた遠征でしたが、綺麗に終わってよかったです。
次回はもっと体調を整えて、万全の状態で参加したいですね。

そして、次回は忘れ物もしないようにしたいですね。osoさんカーに出店で買った酒忘れてきました。
ホントすいませんosoさん…。いつか回収にいきます…。


とにもかくにも、お三人様、ありがとうございました!楽しかったですぞー!以上!



あけましたねー。今年もよろしくお願いいたします。

最近ブログの方の更新頻度が激落ちしてるんで、これはいかんと、元旦には去年書いた年賀状風イラストみたいなのを描いてアップしようと思ってました。ちなみに昨年のはこれ。

優子ちゃん年賀状2_R


で、間に合いませんでした。もう昨年のやつを今年のだって言い張るしかありません。
これ馬です。馬ですよー蛇じゃないっすよ。まあ蛇って言われても「?」なガチャピンの出来損ないみたいな絵なので、馬って言い張ってもいいでしょう。
平成二十五年って書いてるのは誤字です。二十六年もよろしくお願いします!



で、なんで下手くそな絵の一つも描けなかったのかというと、必死こいて動画作っていたからなのです。
その甲斐あって、この元旦に動画アップすることができました。こいつでございます。↓






最近はもうずーっと動画作ってまして、元旦の朝5時くらいにようやく動画完成しました。
(そっから一眠りした後、最終調整してから動画アップとなりました。)

大晦日にツイッターをチラッと見ましたら、昨年と同様に皆さん楽しそうにガキの使いをご覧になっていらっしゃいまして、あー俺も今年は皆と一緒にガキの使い見るはずだったのに何でこんなことしてんだっつーか俺どんだけ後編の下ネタ話書き続けるんだろもうとっくに容量オーバーするくらい書いてるんですけどっつーか完全にオーバーしてるんですけどあーでも下ネタ話書くの楽しいわーとかやってましたら、とんでもない再生時間の下ネタ動画が完成してました。
後編見ると、いかにここのおっさんが馬鹿かということが分かると思います。本当にすいませんでした。


というわけで、乱筆にもほどがありますが、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
さーて今日から紅い館の方書くぞー…へへへー…長期休暇は楽しいなあ……。