↓の記事ウソですからね。

って言うのをちゃんとネタバラシして初めて成立するんですよエイプリルフールっつうのは。なんで4月2日とかにすぐ言わねえんだよ面倒くさかったからだよごめんね! 信じてツイッターにコメントくれた方、ごめんなさい。本当にごめんなさい。

ちなみに紅い館の死にたい人間は、綺麗に終われるように動画ではあそこで終わってますけど、実はエピローグがあるんです。エピローグのテキスト化は完了していますので、何かのタイミングでアップできりゃあいいなと思ってます。これはホント。ホントよ。アップするタイミングなんかあるのかどうかわからないですけどw

というわけで、本当にすみませんでした。
もっとおもしろい続編思いついたらアップします。

以上でした。

スポンサーサイト
妖怪の賢者や月の頭脳、閻魔までもが暗躍したとされる第二次紅霧異変。
紅い館のメイドは吸血鬼となり、異変の幕は下りた。

しかし、新たな異変はすぐそこにまで迫っていた。

六十年前、幻想郷中で全ての花が突然咲き乱れ、幽霊が大量に出現した。
紅白の巫女と白黒の魔法使いが異変解決に乗り出したことでも知られる、六十年周期の大結界異変である。

六十年後、大結界異変は再び起こった。
再び全ての花が咲き乱れ、大量の幽霊が姿を表した。

今やアウトドアの代名詞となった紅い館の妹吸血鬼、フランドール=スカーレットは、喜々として三角帽子を被り、自慢の箒にまたがると、颯爽と異変解決に乗り出した。
目指すは幽霊が最も溢れ返る、この世とあの世を別ける大川である。

たどり着いた三途の川原に彼女はいた。
六十年前と同じように白黒のエプロンドレスを身にまとい、六十年前と異なる銀色の髪を揺らしながら。

言葉を失い歩み寄るフランドールに気づくと、かつて人間だった彼女は口元を歪ませ、目の前の吸血鬼を葬り去るために大魔法を展開した。

霧雨魔理沙。
後に幻想郷史上最凶の悪霊と呼ばれる彼女は嗤う。

新たな異変の幕は切って落とされた。



「紅い館の死にたい人間」終了から3年。
ついに続編をアップする準備が整いました。

時を操る門番となった紅美鈴。
吸血鬼となった十六夜咲夜。
そして、すべてを乗り越えて幻想郷中から一目置かれることとなったレミリア=スカーレット。

彼女達が再び帰ってきます。
新たな敵、悪霊となった霧雨魔理沙とともに。

近日公開予定、「紅い悪魔と死なない悪霊」を
どうぞよろしくお願いいたします。



2017年4月1日 Ray

お久しぶりです。お元気でしたか?
なんか風の噂で聞きましたが、「MUGEN凶悪祭」というものがあるようで。。。

毎年2月11日~17日に開催されるようで、来年2017年は私も参加しようと思っております。
参加するっつっても、参加条件は、凶悪キャラに関する動画・イラスト等を公開する際、ニコニコやpixivのタグに「MUGEN凶悪祭」って書くだけみたいです。

来年は2017年なので、「MUGEN凶悪祭2017」ってタグに書けばいいと思います。多分。そのまた次の年は「MUGEN凶悪祭2018」になるんじゃないかと。。。
キャラ制作発表や、小説の公開などは、ツイッターなどで告知するときに、ハッシュタグに「#MUGEN凶悪祭2017」をつけて公開すればいいんじゃねって言ってたような。。。誰かが。。。偉い人が。。。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●MUGEN凶悪祭
開催期間:毎年2月11日~2月17日
参加条件:開催期間中に、タグとかに「MUGEN凶悪祭20XX」と書く。(来年は2017年なので、「MUGEN凶悪祭2017」)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

なんか、こう書くと私が言い出しっぺみたいですが、私、主催者じゃありませんので!
誰が言い出したんだっけ。。。教えて偉い人。。。

とにかく、あと三ヶ月くらいあるので、ゆったり動画作っていきます。
それで、昨日、なんか伝説的な事態が発生しまして。。。

昨日、ニコニコ生放送なんちゅーもんをやったときに、私から
「次のMUの登場人物をランセレで決めたら面白くないですか?」
と、来場者の皆様にご提案しましたところ、
「今すぐやれ」
と、来場者の馬鹿野郎共皆様に非常に愉快なご返答をいただきまして、弱小生主の私は言われるがままにランセレをやりだしました。

そしたら、皆様がおふざけになられて、そのランセレ生放送を死ぬほど広告しだしまして、どえらい数の人が来て、ランセレの最中にコメント来すぎて私のPCがクラッシュして落ちるという事態にまでなりました。
MU視聴者の底力を見せつけられました。。。PCクラッシュまでやってくるとは。。。
ランセレの最中「カウントダウンすっぞー!!」とかはしゃいでた私も悪いのですが。。。
カウントが0になった瞬間、PCが止まりました。そのとき選ばれていたのはマスターでした。
「S軋間PCクラッシュ事件」と名づけることにします。

最終的に、
●来場者数:356人 コメント数:5773 宣伝ポイント:37900
でした。すげえな。もうホントこわいわ。

その圧に押されに押されまくり、結果、ランセレを死ぬほど回しまくりまして、4話作ることになりました。4話も作ることになっちゃいました☆


ランセレ結果はこちら↓

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●2017年2月11日(土)~2月17日(金)
 「MUGEN凶悪祭2017」
 M&U番外編登場人物  ランセレ結果
  ※各話、ランセレに最初に選ばれたキャラが主人公。あとは、なんとなく話が作れそうな
   キャラ構成になるまでランセレを回しまくる

【1話目】
八雲紫(主人公)、S軋間、外道巫女、鬼巫女、深淵蛟、SS衣玖さん

【2話目】
本気霊夢(主人公)、CC蛟、マーシャル、リミッターカットブロリー、紫レン、U蛟、S咲夜、Sフラン

【3話目】
女神天子(主人公)、白麗霊夢、神崎白夜、ユウコ(6歳)、カルマさん、鬼穣子

【4話目】
禍霊夢(主人公)、朱婉、L霊夢、Sトミー、ヘブンズゲート、優子(片腕)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ツッコミどころ満載です。
1組目のラストでSS衣玖さんを引いたあたりから神引きの連続で、来場者から目押し・不正疑惑が出るほどでした。
特に、4話目1発目の禍ちゃん、そしてラストの片腕優子を引いたときは、あまりの運の使いっぷりに死を覚悟しました。

とにかく、繰り返しになりますが、あと3ヶ月あるので、まったり作っていきます。
つうか今改めて思いますけど、4話も作るんかいw

それでは2月に動画でお会いしましょう。
以上でした。

少し早いですが、良いお年を☆
 


というお話でした。

今回は久しぶりに熱いの書きたいと思って、MUというより、紅い館の死にたい人間風にしてみました。
もっと熱いの見たいという方は、紅い館の死にたい人間をどうぞ。←宣伝
あっちも面白いよ。←自演宣伝

今回地味に苦労したのが魔法陣です。
こんなん要るんかと疑心暗鬼になりながら作りましたが、むしろ魔法陣なかったら、まったく盛り上がらなかったでしょう。昔からやってりゃ良かった。
でも、たまにポケモンフラッシュみたいになってて本当にごめんなさい。目が痛いですよねアレ。視聴時はお気をつけください。まあ皆さん凶悪MUGENを普段から見てらっしゃるので、あんなフラッシュ屁みたいなもんだと思いますが。

ちなみに、魔法陣の中でくるくる回ってる文字はラテン語です。
ラテン語のことわざみたいなのを二、三個書いてます。その中の一つが「真実はワインの中にある」です。酒に酔っ払ったやつは真実を語るという意味です。全然魔法関係ありません。ちなみにアタシは酒に酔っ払ったら嘘しかつきません。真実はビールの中にはないみたい。


そんなこんなで、これにて終幕!!
そう言えばタグに、「次回聖杯戦争編」と書いてくれた方がいらっしゃいました。期待していただいて嬉しい限りです。作らねえよ!!
聖杯戦争っつうことは少なくとも登場人物はマスターとサーヴァント合わせたら14人いるわけで、そうなったらアタシ、その小ネタで何話作りゃいいのよ? 下手したら小ネタが本編より長くなりますよ。だったら本編作るっちゅう話ですよ。
ニコ生に来てくれた人、確か4,50人くらいで配役を話し合ったんですが、そのときは死ぬほど盛り上がったことは認めましょう。しかし、あれはあの場だけの話ということにしていただければ幸いでございます。勘弁して。。。
でもまたいつか盛り上がりましょう。今度はストーリーも決めよう。それで話がくっそ面白くなりそうだったらもう作りますわ。運命なんてもんは、ぶっ壊すためにあるのよ。


それではこの辺で失礼いたします。
皆さんが運命をぶっ壊しつつ、日々を謳歌なさることを祈っております。

以上でした。いつかまた。
ブログの更新を忘れてました。
アップしてますので、よろしくです。



最初、タイトルに「前編」ってつけ忘れたせいで混乱させてしまったかもしれませんが、前編です。

タイトル間違い
修正前 : 【MUGENストーリー】M&U 番外編 ~パッチェさん、あなた死ぬかもしれないわ~
修正後 : M&U 番外編 ~パッチェさん、あなた死ぬかもしれないわ~ 前編

つうか、今回、タイトルが長すぎて、ついにタイトルから「MUGENストーリー」が消え失せました。
タグに入ってるし良いよね。良いんだ。

後編は、本当はうだうだ言いつつ今日中にアップしてやろうと息巻いていたのですが、無理でした。無茶でした。
来週か再来週になります。ごめんなさい。。。

というのも、今回の話、盛り上がりどころが後編にしかないので、前編だけアップしている今の状態だと「おもしろくねーぞ」という声が頻発するんじゃねーかと焦っていたのです;
だから後編を今日中にアップしなければと思っていたのですが。。。

元々前後編に分ける気なかったのです。
テキスト量を勘違いしておりましてねー。
前回の優子ちゃんスピンオフと同じテキスト量だから大丈夫だろー!」と思っておりました。
ちゃんと確認したら二倍ありました。なんかやたら書いた気はしてたので、謎が解けました。
もう最近勘違いと忘却ばっかりや。。。タイトルとかテキスト量とかブログの更新とか。。。

現在、後編の動画化は半分ぐらい済んでおります。
日曜一日ぶっつぶして、編集が半分しか進まない事態に若干笑えます。
編集だけでこんなに時間かかったことないんですが、何に時間を食っているか自分でも未だ謎です。

明日から、数ヶ月ぶりに社会に出てまいりますので、今日は早めに寝させていただきます。
寝る前に、後編の動画化できてるところまで一人で観て楽しむという、Ray式自慰的鑑賞法を実践する予定です。
死ぬほどどうでもいい報告ですね。

早く後編をお見せしたい!
というわけで、なるべく早く後編をアップするよう粉骨砕身いたしますので、お待ちいただければ幸いです。


以上でした!